鉄骨用コンベアタイプショットブラスト(H鋼用)

H送りのまま処理ができる!生産性・安全性向上

・客先業種:鉄骨加工業
・処理製品:鉄骨(H型鋼)、仕口
・最終処理製品名:建築用鋼材
・処理目的:面粗し
・材質:鉄(SS400~SM)
・使用研磨材:スチールショット
・納入年月日:2016年4月
・一日あたりの稼働時間:1~2時間

導入背景

お客様の新工場建設にあたり、切断穴あけ後にH鋼をI送りにする作業が必要なく、 H送りのまま後工程の処理ができる機械のご購入を検討されていらっしゃいました。

解決・改善点

従来使用していた機械はI送りで、穴あけ加工後にH鋼を起こしてからブラスト作業を行っていました。
そこでH送りのままで処理が可能な本機をご提案。
穴あけ加工後そのままブラスト加工作業に入れるきとにより生産性が向上しました。
更に、H鋼を起こす作業が不要になったことで、作業担当者の負担が軽減され、安全性も向上しました。

担当営業から一言