代表挨拶

1970年、モノづくりのなかで仕上げの工程ともいえる研磨材、ブラスト装置、バレル研磨装置を販売することを目的に弊社は創業しました。

創業当時は電気・耐熱等プラスチック部品のバリ取りに使用される樹脂研磨材の開発、装置の販売を中心にしていました。

時代の移り変わりとともにアルミ亜鉛ダイカスト部品、プレス部品、熱処理部品、鍛造部品、精密加工品、セラミック部品、電子部品、建築関連など様々な業界へ活動を拡げ、おかげさまで多くの装置、研磨材を販売してきました。

現在、お客様のマーケットは様々でもそのベースにあるのはブラスト技術であり、バレル研磨技術です。

今後も私たちはこの二つの技術を元にさらに多くのお客様へ価値のある新しい技術を提案できる会社でありたいと考えています。

代表取締役                
水上 哲也